孤高の禅師・ボーディダルマ - オショー・ラジニーシ

孤高の禅師 オショー ラジニーシ

Add: cuviv7 - Date: 2020-12-18 05:19:10 - Views: 394 - Clicks: 7085

かつてのラジニーシ師のコミューンは、現在ではそのありかたをかなり変え、「オショウ・メディテーション・リゾート」として知られている。 ラジニーシ師は最晩年に自らの呼称として「オショウ」の尊称を望んだが、これに由来するものとして、商標名またはそれに類するものとしての「オショウ」(Osho)の使用は、主としてラジニーシ師の逝去した後に慣習化したものである。オショウ・コミューン(リゾート)のマネージメントの方針として、コミューン(リゾート)で提供される各種のセラピー等のアプローチには総じて「オショウ」の名前が冠されるようになり、ラジニーシ師の版権を管理するオショウ・インターナショナル・ファウンデーションはこれを各国で商標登録するに至ったが、一部の国では、その法的な有効性が問われている。 それらセラピー等のアプローチの多くは、ラジニーシ師に触発されて生じた上述のようなコミューン的な状況のなかで発展を遂げたものとして、それに由来する独自性を帯びているが、それらに冠された「オショウ」の名前は、必ずしも生前のラジニーシ師による個人的な是認を意味しない。「オショウ」の名前の商標登録は、生前のラジニーシ師の周辺でのムーヴメントに関わった人たちの総意を必ずしも反映したものとは見なしがたく、ラジニーシ師の死後の版権の扱いをめぐっても一部から抗議の声があがり、訴訟が生じている。米国の訴訟では、オショウ・インターナショナル・ファウンデーションによる「オショウ」の商標登録は、年、第一審で無効と判断された。. 1989年2月に「バグワン・シュリ・ラジニーシ」は 「和尚ラジニーシ」と名前を変え、 同年9月以降はただ「和尚」とのみ呼ばれている。 「和尚」ということばは、 中国でボーディダルマの弟子が師を呼ぶ際に用いたもので、. 中国・唐代の.

オショー・ラジニーシ『DVD>孤高の禅師・ボーディダルマ』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 一般には宗教家または精神的指導者と見なされるが、従来的な通念をもって語ることは難しく、みずからは特定のカテゴリに分類されることを望まなかった。 数々の講話のなかで、禅を含め古今東西の宗教性の源流や注目すべき人物について語りながらも、因習的もしくは組織的な宗教についてはその弊害を強調し、それらを純粋な宗教性の追求と区別した。 初期においてはヒンディ語、のちには英語によって行われた講話の数々は、録音と録画によって記録されるとともに、多様な言語に翻訳され、膨大な数の本として出版された。法句経/般若心経/金剛般若経をはじめとする仏典、碧巌録などを出典とする禅の逸話、ティローパやアティーシャなどチベット仏教の比較的に知られざる源流を創始した人物の言葉、インドに伝わる112の瞑想的技法の精髄を詩文として伝える「ヴィギャン・バイラーヴ・タントラ」、ウパニシャッド、パタンジャリのヨーガ・スートラ、老子や荘子の言葉、スーフィーの物語や逸話、聖トーマスによるものを含む福音書、ピタゴラスの金言集、ニーチェの『ツァラストラはかく語りき』などを取り上げた講話のシリーズのほか、弟子たちや報道陣からの質問に答えた講話のシリーズ、初期における弟子たちとの間での親密な対話を収めたシリーズなどがある。講話は多大なユーモアを伴い、たくさんのジョークが含まれている。 これらの講話によって多様なトピックを扱うが、その多面性ゆえに、その内容を簡単にまとめたり、固定した教義を引き出したりするのが難しい。便宜的な要約として、ラジニーシ師は、頭または心の機械的な動きや条件付けに縛られた「マインド」(mind)からの解放と意識の「目覚め」(awakening)を説き、「瞑想」(meditation)の道を示したというように言うこともできるが、これらの言葉が意味するところを理解するには体験もまた必要である。ラジニーシ師は同一のトピックを異なる観点や文脈をもって扱い、表面的に矛盾した見解を提示することも多く、聞き手の注意が求められる。 ラジニーシ師は、古来から伝わる瞑想的な技法について紹介および解説するとともに、現代人に向けて新しい瞑想の技法を編み出し、西洋的なセラピーのテクニックも導入した。ラジニーシ師の周辺には、彼を慕う人たちのコミューン的な状況が生まれ、その状況のなかで、各種の瞑想的な技法、心身統合的セラピー. Amazonでオショー・ラジニーシのDVD>孤高の禅師・ボーディダルマ ()。アマゾンならポイント還元本が多数。オショー・ラジニーシ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. JavaScriptが無効の為、一部のコンテンツをご利用いただけません。 JavaScriptの設定を有効にしてからご利用いただきますようお願いいたします. See full list on wpedia.

オショー・ラジニーシ 市民出版社 (A5) 【年12月発売】 isbnコード. 総目録1971-現在 1971(昭和46)年 句集 括り桑(和田すみ子) 「集合」ってなあに:わかりやすい算数指導法(金児功) 1973(昭和48)年 販売ベンチャー入門:新しい流通の展望(佐藤富雄) 1974(昭和49)年 漱石の詩と俳句(和田利男) 反精神医学への道標(小沢勲) (不祥) 花時計 : 滞欧句. 死・終りなき生ーオショー・ラジニーシ講話録ー: 売却済: オショー・ラジニーシ: 講談社: 1989: 1000: ア・カップ・オブ・ティーーオショー・ラジニーシ初期書簡集ー: 1冊: オショー・ラジニーシ: めるくまーる: 1989: 1200: 未知への扉ー和尚、秘教グループを. 孤高の禅師・ボーディダルマ - オショー・ラジニーシ os-028『孤高の禅師・ボーディダルマ』 OSHO 市民出版社 ※2枚組DVD ※販売済 年・2枚組DVD 134分 日本語字幕切替式 定価/4,380円 os-029 『狂人ノート』 和尚 和尚エンタープライズジャパン ※販売済. dvd>内なる存在への旅ボーディダルマ2 osho講話dvd ボーディダルマシリーズ/2 () オショー・ラジニーシ | /1/1 単行本.

バグワン・シュリ・ラジニーシ(Bhagwan Shree Rajneesh、Oshoラジニーシ、本名:モーハン・チャンドラ・ジャイン、1931年 12月11日 - 1990年 1月19日)は、現代インドに生まれた宗教的マスター、神秘思想家、瞑想指導者で、世界的影響力を持っている。. バグワン・シュリ・ラジニーシ 日本語書籍 講話録バグワン・シュリ・ラジニーシ(ラジネーシ / ラジメーシ)名義『存在の詩―バグワン・シュリ・ラジニーシ、タントラを語る』スワミ・プレム・プラブッダ(星川淳)訳 (めるくまーる、1977. dvd>孤高の禅師・ボーディダルマ - オショー・ラジニーシ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 1981年5月にラジニーシ師はインドからアメリカに移った。ラジニーシ師は3月から講話を休んでおり、身体の治療がアメリカ行きの目的だったが、その背後には、ラジニーシ師の秘書としての実務的な権限をめぐる、ふたりの女性の間での競合があった。このアメリカ行きにより、実務的な権限は、マ・ヨガ・ラクシミという女性から、マ・アナンド・シーラという女性に移ることになる。 ラジニーシ師はそれから1985年6月まで講話をせず、その間、ごく少数の実務的な責任者と話をするだけであった。オレゴン州でのコミューン建設は、1981年の終りごろに始まった。326km²の広さの乾燥した小高い丘陵と谷間の広がる地域にコミューンは建設された。 コミューンの運営はシーラの責任のもとで進められ、ラジニーシ師はコミューンのゲストという扱いであった。のちに判明したところによると、シーラは「ラジニーシ師が言った」との説明をもって、ラジニーシ師が関知しないメッセージをコミューンのメンバーに伝えていた。 コミューンは成功しているように見えた。5000人が暮らす市(City)として認められ、自治的な仕組みを整え、小さな飛行場とバス路線を持ち、夏のセレブレーションには2万人の訪問者を迎え入れていた。 1984年10月、ラジニーシ師は、長い沈黙を破り、みずから声明を発するようになる。1985年7月には毎日の講話を再開し、さらにはシーラの主導権を否定するかたちで、みずから報道陣のインタビューに応えるようになる。 1985年9月、シーラは側近数名とともにコミューンから姿を消し、彼女らはコミューンの多額の資金をスイスの口座に動かしていたことなどが判明した。その数日後、ラジニーシ師はシーラとその一味を公開の場で糾弾し、当局による捜査を求めた。捜査の結果、シーラとその一味は、1984年以来、ラジニーシ師の担当医の暗殺未遂、サルモネラ菌による食中毒の意図的な誘発、ラジニーシ師の自室を含むコミューン内での盗聴なども犯していたことが明らかにされた。 押収された盗聴テープの解析などから、シーラとその一味の犯罪はラジニーシ師や他の多数のサニヤシンが関知していないところで犯されたことが確認されたが、この事件を契機として、ラジニーシムラムを危険視する見方が強まった。1985年10月、シーラとその一味の犯罪とは別件として、ラジニーシ師および数. 1931年12月11日、インド北部の小さな田舎町クチワダに生まれた。生後に作られたインド式占星術のチャートによると7歳で死ぬ可能性が強いということで、これを避けるため、両親はこの子を母方の祖父母のところに7歳になるまで預けた。この祖母はこの子の可能性を認め、しつけられ教育されるべき子供としてではなく、独立した尊敬されるべき個人として、この子の成長を見守った。後にラジニーシ師はこの祖母に対する感謝の気持を数多く語っている。 生来の反逆的な精神の持ち主として、4歳のころから祖父を含めた大人と議論をし、みずからの主張を通した。納得できないことを受け入れることはなかったと言われる。「どうして小さな子供の時からそんなに勇気があったのですか?」という質問に対して、のちにラジニーシ師は「イノセンス(無垢)であれば勇気はいらない」と答えている。 ラジニーシ師は、反逆的な少年時代と学生時代を送った後、大学で哲学を学ぶ。決定的な意識の目覚めもしくは悟り(enlightenment)に至ったのは1953年3月21日とされる。 ラジニーシ師はジャバルプール大学の哲学教授となり、1960年代にはインド各地で講演をし、宗教性に対する斬新な洞察とともに、インドの因習的伝統や組織宗教に対する批判が賛否両論をまきおこした。社会的な条件付けや心理的な抑圧の弊害に関する指摘や性に対するオープンな姿勢は、既存の価値観に対する脅威とも受け取られ、「セックス・グル」というような異名をもってマスコミに取り上げられるようにもなった。 1970年代より、ラジニーシ師は、弟子もしくは親密な関わり合いのなかで探求することを求める者たちを受け入れるようになり、一定の意思を表明し、こうして集まってきた者たちは、「サニヤシン」と呼ばれるようになった。インドで伝統的には世間を捨てた求道者を指して使われる言葉であるが、ラジニーシ師はこれを生からの離脱ではなく、生への全面的な関与に向けての姿勢として定義しなおし、伝統的な「サニヤシン」と区別するときには「ネオ・サニヤシン」という言葉を用いた。 ラジニーシ師は、古来から伝わる瞑想の技法の紹介にあたるとともに、もっぱら静的なものである伝統的な技法のほとんどは現代人がいきなりするには適さないものであるとし、呼吸への働きかけや身体の自由な動きや発声などを伴い、心理的な解放を志向した動.

孤高の禅師・ボーディダルマ - オショー・ラジニーシ

email: vuvuniq@gmail.com - phone:(681) 333-1289 x 5849

ディーンズ選集 - Z.P.ディ-ンズ - シルクロード歴史大百科 ヴィジュアル版

-> コワ~い不動産の話 - 宝島編集部
-> Androidこのアプリが超すごい!

孤高の禅師・ボーディダルマ - オショー・ラジニーシ - 生物化学実験のてびき 下西康嗣 核酸の分離


Sitemap 1

千銃士 完全設定資料集 - ホビー書籍編集部 - 皮膚病理組織診断学入門 斎田俊明